ニュース

本文印刷

  • HOME
  • ニュース
  • 米国エナージェント社の小型蒸気発電装置を販売開始

ニュース

米国エナージェント社の小型蒸気発電装置を販売開始

2014/11/12

当社は、250℃以下の未利用水蒸気を利用した小型蒸気発電装置Microsteam® を米国Energent社
(以下エナージェント社)より導入し、パッケージング及び販売事業を開始いたしました。
 
 なお、本装置は、11月12日〜14日に東京ビックサイトで開催されるグリーンイノベーションEXPO2014で展示いたします。

 エナージェント社のMicrosteam® は、最大275kWの発電能力を持つ小型蒸気タービン発電装置です。
従来は、ボイラ等で生成された5〜20barG(バール)という高圧の水蒸気を、ヒーター等に利用するため、
減圧弁を用いて0〜5barGに減圧していました。この過程で廃棄されていたエネルギーについて、本装置を
利用することで回収し、発電を行います。
 エナージェント社では、2004年から米国を中心に本装置を販売しており、積算運転時間14万8,300
時間、総発電量31,400MW/hr、その間トラブルなしという実績があります。
 対象とする市場としては、製紙・化学・石油精製・製鉄等の工場や、大規模商業ビルなどが見込まれます。また、バイオマス発電用の小型蒸気タービンとしても最適な仕様となっており、各分野への導入を促して
いきます。


【特長】
 1.形状がシンプルで小型であるため、工場試験で出荷可能です。
 2.ロータディスクと翼は、チタン合金の一体加工で、通常の薄板翼を有する蒸気タービンと比べて、
   耐久性・耐食性に優れています。
 3.保守に関しては、オイルフィルター、シールエアフィルターの定期保守ならびに潤滑油の変質
   チェックのみで、これらを適正に行うことにより20年の長寿命を保持できます。


【装置概要】
 ・入口圧力    :0.5〜2.0 MPa
 ・出口圧力    :最大1.0MPa
 ・最大出力    :275kW
 ・蒸気流量    :1.8〜9.0t/h
 ・エンクロージャ :鋼製屋外防滴構造
 ・外形寸法    :3.0m(長さ)×1.25m(幅)×2.6m(高さ)

【装置構成】
 ・タービン     :ラジアル型タービン(28,000RPM)
 ・発電機      :三相誘導発電機、2ポール、全閉外線型
 ・減速機    
 ・制御装置

 

お問合わせ先:
東京営業所
担当:今井・木村
電話:03−6806−1075

このページのトップへ